事業を始めて必要性を感じること

何をするにも、パソコンやスマホが必要で

メールはもちろん、ホームページやSNSを使いこなさないと・・

大きな会社では、社内に専門部署があったりSEなど専門家がいます。

ちょっと困ったときにどうされていますか

中小企業や商店・NPOでは必要なときに業者に依頼するという形が多いと思います。

WordやExcelなど大体のことは経費節減のために自分でやるけど、ちょっと相談したいことがある

大体のことは何とかなると思いますが、ひとつの問題を解決するのに大体2時間以上はかかるのではないでしょうか。

新しいパソコンを購入するときに、何を買ったらいいか相談したい。

店員に相談したらついつい余計な契約をしてしまった。

パソコンの調子が悪いけど、修理に出すほどではないので我慢して使っていたらトラブル発生、データがなくなって困った・・・

初期設定(Windowsの設定、ソフトのインストール、プリンタやスキャナ等の接続、インターネットの接続設定、WiFi設定、メールの設定、データの引継ぎ、・・・)に自信が無い。業者に頼むと2万円から3万円かかり、アフターサービスは電話がつながらなかったり、いろいろな人が対応するので毎回思うように言えない・・・

ホームページを作りたい

ホームページを作るには、業者に丸投げだと数十万円はかかります。格安5万円というようなところは、自分で作業するところが多く、完成しないまま放置されているサイトがよくあります。

必要なことだけ勉強しましょう。

リタイア後の地域の活動、趣味、ボランティア活動でもパソコン・スマホなど必需品です。いまさらパソコン教室に通っても・・・

様々な問題をまとめてサボートします。

テクノロジの進化と研究の必要性

yozamiyacom100 情報システムは小型・低価格化が進み、今やその機能・性能の進化サイクルは早く、次々と新モデルが提供され、ソフトウェア購入をも必要としないクラウドコンピューティングへ進んでいます。

 しかしながら、その技術進化について一般ユーザーが知るには難しく、Windowsをはじめとする多肢に渡る技術範囲について、どの部分を選択するべきかといった判断は、急速に進化するこれらの技術を常に研究する必要があります。

 最先端の技術のみならず、成熟した技術との組み合わせ、生活への適合性、費用対効果と、計画的な情報化が求められているはずです。

ライフスタイルに合った計画の必要性

 長期的な計画に基づき、「導入」「運用」が行われることで、情報化費用の低減、生活の向上が実現できます。

 システム導入・運用のノウハウ、将来的な技術動向も含めた、総括的な情報・通信技術の支援として、中小企業、NPO、個人にICTサポートを提供します。

2013-06-23

よざみやドットコム
代表 井坂 資弘