川崎フロンターレ

Jリーグの100年構想

=====スポーツでもっと幸せな国へ=====

  1. 町に芝生広場、スポーツ施設
  2. スポーツクラブをつくる
  3. 『観る』『する』『参加する』

川崎フロンターレの目的

川崎市および川崎市民の生活を未来永劫、豊かにする

同じゴールを目指す5つのステークホルダー

  1. 行政
  2. スポンサー
    1. 親会社 富士通が資金の3分の1を出す(十数億円)
    2. ユニフォームからFUJITSUをとった
      川崎市にあるNECや東芝に配慮、全市一丸
  3. ボランティア(1試合70名くらい、モギリ他)
  4. 選手
  5. サポーター
    応援だけでなく、スタジアムだけでなく、広い意味で支持してくれる人

川崎フロンターレの手段 1H

  • チームの強化
  • 事業

両者が駆動、2輪の不安定。4輪はダメ。

プロモーションの手段『5条件』

  1. 地域性・郷土愛
    1. 歴史的要因・・・ロッテ・よみうり・・すぐ出ていく、期待されない
    2. 人口分布、構成、生活レベル、教育レベル、交通網、組合、商店街、町会、市財政、組織、文化施設、特産物・名物
  2. 話題性
  3. 公共性・社会性
    1. 中村顕吾がコナンになる⇒スポーツ紙には載るが、地元紙に載らない
    2. サッカーに興味のない人に見てもらうには・・・
  4. 低予算
    1. 考えることで良いプロモーションができる
    2. 鯛はエビで釣らない⇒手づかみでとって来る
  5. 物販

+ おやじギャグ

プロモーション『パターン』

  1. 一発物・・・CM型
  2. 継続物・・・ホームアローン型≪年に1回≫
  3. 一発+継続・・・男はつらいよ型
  4. 生活の一部・・・サザエさん型

プロモーション施策の紹介

  1. 15の夜 (行政+スポンサー+尾崎豊+おやじギャグ)
    1. イチゴ
    2. 囲碁教室
    3. 自転車の安全指導
    4. バイク盗難防止キャンペーン
    5. ノベルテ・・・・キャラクタの提供
  2. お風呂んたーれ
    1. 銭湯絵・・・・グランドの絵を選手が描く
    2. テルマエ・ロマエ・・・・出版社に企画提出・・編集長に交渉
    3. イタリア語
    4. 完湯賞・・・・市内の銭湯全部・・2011年6名
  3. 算数ドリル・・・・選手の背番号を使った問題
  4. 川崎応援バナナ・・・・スタジアムで配った
  5. かわさきFFパートナー・・・・藤子不二雄はギャラが高いが0円で達成

街づくり活動のキーポイント

  1. ルービックキューブ的思考 (テトリス的思考と本では書いた)
  2. 逆算力 (時間が大切で早いほど効果的)
  3. やる気
    1. 人とのネットワーク
    2. フロンターレが川崎を変える

清酒『フロンターレ』 川崎愛

 川崎フロンターレは、川崎を愛し、川崎を愛している皆さんと共に歩んで参りました。そして、10周年を迎えた今年、あらためて川崎への愛を展開しています。そのひとつのカタチが清酒「フロンターレ~川崎愛~」です。

富士通グループのCSR

  • 1935年 黒電話を主に創業
  • 1960年 コンピュータへ
  • 1980年 パソコンへ
  • 2000年 インターネットへ
  • 2010年 クラウドへ

2002年には、日本でCSR知られていなかった。富士通グループでは2006年からCSR活動をSTARTした

初代社長の開設時の設計方針である『構内は公園式にする事』をもとに、現在でも工場内には歴史を刻んだ古い樹木、小動物や鳥など多種多様な生物が生息しており、都市化と自然が消えつつある中で、周辺地域にとっても貴重な緑地空間となっている。

FUJITSU Way

  • 企業理念 : 富士通グループの存在意義

富士通グループは、つねに変革に挑戦し続け、快適で安心できるネットワーク社会づくりに貢献し、豊かで夢のある未来を世界中の人々に提供します。

    • つねに変革に挑戦し続ける姿勢こそが富士通のDNA
    • 現代社会に不可欠なITインフラを支える企業として、ネットワーク社会づくりに貢献
    • ITにより新しい価値を創造し続け、豊かで夢のある未来を世界中の人々に提供

 

  • 企業指針 : 企業理念の実現に向けて、大切にすべき価値観
  • 行動指針 : 社員が線極的に実現すべきこと
  • 行動規範 : 社員一人ひとりが厳守すべきこと
    • 人権を尊重します
    • 法令を遵守します
    • 公正な商取引を行ないます
    • 知的財産を守り尊重します
    • 機密を保持します
    • 業務上の立場を私的に利用しません

事例紹介(資料参照)